ブログ

スタッフブログ

webデザイナー募集中webデザイナー募集中

movie_blog

最近ブログ更新していないので、存在感の薄いビデオ好きの篠原です。
いや、いますよちゃんと。

さて映画紹介ですが、以前、上司に
「なんか、泣けて感動できる映画とかの紹介文、書いてよ
・・・たとえば、ビューティフルライフみたいな・・・」

ライフイズビューティフルですね・・・

よかった。何カ月前のボヤキにツッこめて。
ちなみにビューティフルライフはキムタク主演のドラマの方です。

さて泣ける映画ですか・・・
昨今、涙活なんて言葉がはやったりしてるようですが、
これって感性によるところが大きいので万人が泣く映画、感動する映画ってない気がします。
現に「泣ける映画」でググった映画のどれもこれも泣けない。ピンとこない。

絶対泣ける映画って書いてあるやつ観ても絶対泣いたことないです。

なので。

いきなり、ルール変更。

私が過去に観たことがあって実際、不覚にも泣いてしまった映画をご紹介します。
例によってめやすとして
実際にいくらくらいなら観るか、買うかを値段で算出します。
例)1800円・・・平日、映画館行ってでも観たい

愛を乞うひと

もうかなり前に観たよなと思ったら公開1998年!
17年前とかwww
当時、泣ける映画だと言われ、無料のチケットで観に行きました。
泣けるって言われていたので泣くもんかと意気込み観たのですが轟沈。
すごく泣きました。
で久方ぶりに観たかったのでレンタルビデオ屋に行ったのですが
どこにも置いてない・・・
仕方ないので買いましたwww
これ、何回か観てるけど、婆さんがでてくるたびに
「あの婆さんは鬼畜だ」と思っていたのですが
最近観たら、婆さんも葛藤や愛そうとしてるのが観てとれて印象が違いました。
私がおっさんになっただけですが。

私的評価 3000円
(実際、4000円で買ってますし)
 
 

顔のない天使

私生活はどうしようもなかったことがわかってしまったメルギブソン監督&主演映画。
こちらはさらに5年前の1993年映画。
当時はメルギブソンの数々の悪行はバレてはおらず、
「いい感じのおっちゃん」だと思っていました。
悪行がバレた今でもこの映画はいいですよ。
私の泣くツボは恐らく「思い出を抱えてのひとりぼっちの日々」だと冷静に振り返ってしまいます。
(今やひとりで居れる時間の貴重さに涙していますが)

私的評価 1000円
 
 

カールじいさんの空飛ぶ家

この映画は冒頭のばあさんとのモノローグだけでご飯3杯・・・否、涙が滝のごとく流れます。
泣きっぱなしでもう駄目だあ、とか脱力していたら、
「え? 楽しい映画やん! 泣く要素なんかどこにもないんやけど・・・」
と妻に言われ、恥ずかしい思いをした覚えがあります。
穴があったら、手榴弾で吹き飛ばす勢いです。

私的評価 3000円
 
 

A.I.

スピルバーグ版ピノキオです。
オチを言ってしまうとたった1日愛される為にウン億年愛を待ち続けた人形の話。
なんか切ない。人を愛するってこうゆうことかなって思いました。
あとこの映画、何気に俳優、監督、制作といい作り手がそろっています。
(あまり私はそういう映画の見方はしませんが)

私的評価 1000円
 
 

エイプリルの七面鳥

ブラックコメディというかドタバタ喜劇もののようで実はハートフルな映画なのでした。
内容は書きませんがおかあさんはガンです。(劇中、病名等は出てこなっかたはずですが設定資料や原作で言及されています。)
今度の主人公はできの悪い娘です。
私はできの悪い息子なので観ていてすごく共感できます。
親孝行しようと奮闘するもハプニングでもうダリャーってなるところらへんが
何か、引き込まれませんか? え? 俺だけ?

こちらもレンタル店なんかではあまり見かけません。
配信か、配達でしかなさそうです。

私的評価 1500円
 
 

ペイ・フォワード

話の展開もよいし、途中まで完璧で非の打ちどころがないいい映画なんですが
オチは蛇足過ぎる。
なんか台無しだよ。
まあ、でも
善意のねずみ講って発想は感動に値するのでよしとするか・・・って感じの映画。

私的評価 1000円
 
 

イン・ハー・シューズ

これは一般的な評価は低い作品ですが・・・
広告やメインビジュアルにキャメロン・ディアスがいるのですが、
むしろ、主演はトニ・コレット。魅力爆発なのはシャーリー・マクレーンなのです。
とはいえ、泣いたのはキャメロン・ディアスの最後の朗読です。
日々、人は自分の可能性を限定して小さく狭い価値観に貶めていて
だからこそ、できないと決め付けていたことのできた時の奇跡感ったら
ハンパないんだとこの映画観たときに感じました。

私的評価 2000円
 
 

私の中のあなた

キャメロン・ディアスで思い出した。
こちらはキャメロンがめずらしくお母さん役をしています。
こちらはいい感じです。役柄などと相性がよかった気がします。
キャメロンってブロンドのせいかバカっぽい役ばかりですが、
むしろ、真面目でお堅い役のほうがはまるんですね。

私的評価 2000円
 
 

運動靴と赤い金魚

私はハリウッドのお金かかってる映画が比較的好きで
単館系のサブカル系女子が好きそうな映画は
ことごとく嫌いなのですが
この映画は好きです。

全編、人が死ぬわけでも
いじめられるわけでもないのに
切ないです。
貧乏が悲しい。

最後、運動会で勝ってしまうのまで
悲しい。
だけど、映画らしく最後はまるっと収まる感じも
大好きです。

私的評価 1000円
 
 

ライフ・イズ・ビューティフル

これを観るのはこどもとではなく、大人と観ましょう。
ま、いいんだけど、なんか手品の種がばれるようで
恥ずかしいし、泣いてるトコ観られたら、
さらに恥ずかしい。
特におとうさん方はこの映画には弱いと思います。(決め付け)

私的評価 2000円
 
 

アントキノイノチ

人の死に囚われることとか
そういうものを時間の流れが癒してくれて
忘れていくべきことと
忘れたらいけないこと、
そういうものを「ふんわり」と描いている作品です。
榮倉奈々、演技うまくないのに作品に恵まれる人ですよね。

私的評価 1500円
 
 

ソラニン

これ、実は、いいとこなんもねえの・・・
俳優も私の嫌いな宮崎あおいと高良健吾。
話の内容もウッス薄なのに・・・
泣いてしまうのは音楽のせいでしょうか?

私的評価 2000円
 
 

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

これ観る前にオカンに「全然泣けんし、しょうもない」と言われていたので
油断して観てやられた作品。
くやしい。

私的評価 1500円
 
 

犬と私の10の約束

はい。人には厳しいのに一転、動物には甘い篠原です。
もうね、動物出てるだけで泣けます。
まあ、この映画はパクリかと思われる要素が多いですが・・・
それでも犬ってだけで泣けます。

私的評価 1000円
 
 

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

これがそのパクリ元かな?
まあ、動物ものは全部泣けるよ(動物バカ)

私的評価 2000円
 
 

ベイマックス

「これ原題、『Big Hero 6』っていって
全然感動ものじゃないねんで。
結構人気のあるアメコミで
X-MENやスパイダーマン、タートルズとかと
一緒のジャンルだから
感動なんてない!ない!」
と、自家製地雷を生成して
自爆してしまいました。
だれだよ、感動なんかないって言ってるやつ!

私的評価 1500円
 
 

映画 おばあちゃんの思い出

中の人が変わる前のこの作品で泣きました。
中の人変わってから青いの、観てないな。

私的評価 1000円
 
 

クレイマー、クレイマー

これの頑張ってるのに報われない感じや
はなればなれになる場面で
(寝てる娘を無理やり)抱きしめずにはいれない映画でした。
ちなみにタイトルのクレイマー、クレイマーは原題「kramer VS. kramer」。
この家族の苗字がクレイマーなので苦情のクレイマーではないのです。
離婚にてkramer VS. kramer。
子育てにてkramer VS. kramer。
という意味だと思います。

私的評価 1800円

はい、ここまでかな。
あとは忘れました。

関係ありませんが妻は

シンデレラで3回泣き、


妖怪ウォッチで2回泣き、


ハピネスチャージプリキュアや

プリキュアオールスターズnewSTAGE3で泣いているので私に鼻で笑われています。

やはり、泣くポイントは人によって全然違いますよね。

ついでに世間でよく泣けると上げられているものの私的評価は、

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
私的評価 100円


タイタニック
私的評価 -1000円


初恋のきた道
私的評価 300円


ニュー・シネマ・パラダイス
私的評価 -500円


ダンサー・イン・ザ・ダーク
私的評価 -1000円


シンドラーのリスト
私的評価 800円


ショーシャンクの空に
私的評価 1200円


ミリオンダラー・ベイビー
私的評価 100円


ビッグ・フィッシュ
私的評価 800円


世界の中心で愛をさけぶ
私的評価 100円


I am Sam アイ・アム・サム
私的評価 -1000円


レオン
私的評価 100円


海の上のピアニスト
私的評価 100円


グリーンマイル
私的評価 -1000円


いま、会いにゆきます
私的評価 -100円


嫌われ松子の一生
私的評価 -100円


アルマゲドン
私的評価 -1000円


フォレスト・ガンプ
私的評価 -1000円

以上泣ける(というより過去泣いた)映画特集でした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookPin on Pinterest
webデザイナー募集中webデザイナー募集中

株式会社アウラ 松永巳知子 社長ブログ

webデザイナー募集中

お電話からのお問い合わせはこちら

お気軽にご相談ください。 06-6292-8577 【電話受付】 10:00~18:30(平日)

インターネットから24時間受付中
お問い合わせ専用フォーム 24時間受付中!

御社のホームページ、ご活用されていますか? インターネットからのお問い合わせは24時間受付中

御社のホームページ、ご活用されていますか?