ブログ

スタッフブログ

webデザイナー募集中webデザイナー募集中

kl-2

今回は「海外ネタ♪第一弾」でお送りします。

「食」「酒」に並ぶ私の三大趣味、それは「旅行」(特に海外)であります。

時間とお金があればこの三つに費やしてまいりました。

手元に何もモノは残りませんが、なんといっても「経験値」がアップしまくり、多様な「価値観」を得られ、素敵な「思い出」が増えます。プライスレスです。

ということで初回の今日は、いま何かと話題になっている「マレーシア編」をお届けします!

そうです、金〇男が暗殺されたやなんやらで連日ニュースをにぎわしているあの国です。

「マレーシア?ってどんな国?」

と思う人は多いと思います。

マレーシアは東南アジアの中でも、その周辺諸国に比べてポピュラーではないかもしれません。

だいたいみなさん、シンガポールでマーライオン!とか、タイでマッサージ!とか、ベトナムでフォー!とか言いがちですが、忘れてはいけませんマレーシアの存在を。

私個人的にはマレーシアはかなりオススメな国です。今までかれこれ6~7回くらい行きました。

なぜそんなにオススメなのか?知られざるマレーシアの魅力をご紹介します!

kl-2

治安が良くて街が栄えている

東南アジアというと、治安も清潔さもあまり良いイメージはないかもしれません。

しかも金〇男が暗殺されたところなんて、、、こわーい!と思う人もいるかもしれませんが、そんなことないんですよ。

マレーシアは治安の良さも、経済的な豊かさも、シンガポールに次ぐ高レベルです。

首都クアラルンプールでは、マレーシアのシンボルであるKLタワーをはじめ、ペトロナスツインタワーやKLモノレール、地下鉄など次々と開発が進められてきました。

高級ブランドがひしめく綺麗なショッピングセンターも次々と建てられており、大きなショッピングセンターになると、建物内にジェットコースターが走っていたり、一つのビル内にスタバがなぜか4つもあったり、、、とにかく大きいんです。

jet

これは1980年代に当時のマハティール首相が行った「ルックイースト政策」の功績も大きいのではないでしょうか。

「ルックイースト政策」とはその名の通り「東を見よ!」、つまり、日本や韓国の経済発展を高く評価しこれを見習おう!という政策です。

結果、日本や韓国の企業による投資が増加し、マレーシア経済は着実に成長してきました。経済が豊かということは、治安も良くなりますよね。

食べ物が美味しくて日本人の口に合う

マレーシアは、マレー系 60%、中華系 30%、インド系 8%という民族構成なので、中華料理やインド料理など各種アジア料理が、美味しく、安く、食べられます!

中華料理とかになると、普段日本ではお高くてなかなか食べられない高級食材、アワビやらロブスターやら北京ダックやら燕の巣やらが、とてもリーズナブルにいただけます。

屋台や市場ではそれこそ本当に安く食べられますが、クアラルンプールのリッツカールトンホテル内の中華料理は行く価値アリです!

duck

あのリッツの高級な雰囲気もそのままなのに日本と比べると激安で、味はもちろん美味しく、とにかくお得感満載です。

スパイスと漢方たっぷりのマレー料理の代表、肉骨茶(バクテー)なんかも、なかなか日本では味わえない逸品。

インド料理などのカレー系も言わずもがな最高です♪

高級住宅街なんかに行くと、フレンチやイタリアンなどの高級レストランも立ち並び、もちろんアジア料理に比べると少しお高いですが、それでも日本と比べるとかなりリーズナブルで、味にもだいたい外れがありません。

物価が安い

いま食べ物の安さについても触れましたが、とにかく色々安いです(笑)

ちなみにマレーシアの通貨はリンギット (MYR) といい、いま1リンギット25円くらいです。10年ほど前は確か35円くらいだったので、だいぶ円高になっていますね。。

食だけではなく滞在費も安いです。

クアラルンプールの中心にはたくさんの大型ホテルがありますが、中でもコンドミニアム形式のホテルなどは部屋も広くてキッチンもついていて、しかも高層階からはツインタワーが目の前にどーんと見える絶景とかで、ホテル内には無料で利用できる大きな屋外プール、サウナ、ジムなどがだいたいついていて、スパももちろんあって、値段は一人一泊5~6千円レベルです。(時期などにもよります)

kl

日本ではこんな値段で高級ホテルは泊まれません。圧倒的な安さです。

マレーシアやその他アジアの国で展開していてまだ日本には進出していないファストファッションブランドも色々あって、日本未入荷のかわいいお洋服が安く買えます♪

(ちなみに高級ブランド品になると意外と日本より高かったりするので、ブランド品購入の目的ならマレーシアは向かないと思います)

タクシーも安いので移動の際はしょっちゅう使ってしまいます。都心部は交通渋滞が多いのが難点ですが・・・

英語が通じる

これ、結構大事です。

レストランでの注文の時や、道を聞きたい時など、英語が通じない国は、、、ほんと大変です。

ところがマレーシアは、人種によって話す基本言語はもちろん様々ですが、英語は公用語の一つにもなっており、マレーシア人みなだいたい英語が話せるんです!

タイやベトナムではこんなふうにいきません。韓国でも食堂のおばちゃんに英語が全く通じず、苦労した思い出があります。。。

英語が通じるって本当に安心ですし、ストレスなく観光を楽しめます♪

そして英語が公用語ということは、英語の語学学校なんかもたくさんあって、英語を学ぶ留学先として密かに注目をあびています。

アメリカやカナダだと滞在費や学費などかなり高額ですが、マレーシアでは格安で英語を勉強できます!まさに穴場です。

周辺にはリゾート島がたくさんある

「マレーシア」と聞くと「?」となる人も、「ペナン島」「ランカウイ島」となると「あー!行きたい!」となる人、多いのではないでしょうか。

そうです、これらの島もマレーシアです。

クアラルンプールからこのようなリゾート島に短時間で行くことができます。

数日はリゾート島でゆっくり、残り数日はクアラルンプールの大都会でアクティブに、という過ごし方もオススメです♪

resort

気候がいい

年間の平均気温は27℃と、一年中を通して温暖な気候のマレーシア。

雨季の時期も毎日1時間程の夕立が来る程度です。マレーシアでは一日中雨が降り続けるということはほとんどないらしいです。

湿気は結構感じますが、日本の夏のような殺人的な暑さ、湿気とは程遠く、本当に快適な暑さです。日中はプールでのんびりするのが気持ちいいです。

以上、マレーシアの魅力でした!

今は何かと話題のマレーシアですが、この騒動が落ち着いたら、、、是非訪れてみてください♪

webデザイナー募集中webデザイナー募集中

株式会社アウラ 松永巳知子 社長ブログ

お電話からのお問い合わせはこちら

お気軽にご相談ください。 06-6292-8577 【電話受付】 10:00~18:30(平日)

インターネットから24時間受付中
お問い合わせ専用フォーム 24時間受付中!

御社のホームページ、ご活用されていますか? インターネットからのお問い合わせは24時間受付中

御社のホームページ、ご活用されていますか?